練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【戦争の悲劇】少年が床に画を書いた。その内容に、あなたは声がでない・・・

戦争で母親を失った子どもが、チョークで床に描いた絵。。。あまりに切なすぎて、僕も言葉を失いました。

練馬の保育園民営化裁判とは無関係ですが、シェアしたいと思います。

スポンサーサイト

高津西保育園続報

千葉県八千代市の民営化園で園児虐待があったと報道された件ですが、解雇された保育士は、事実を否定しているようです。むしろこの保育士は、勤務シフトや保育内容の改善を要望していたことから、法人側が切りたかったのではないかと主張しています。

粘着テープで解雇の保育士「やっていない」(朝日新聞千葉版)

真相がわからなくなってきました。

もし虐待が事実なら、それは大問題ですが、もし虐待の濡れ衣を着せて口うるさい保育士を解雇した、というのが事実なら、法人による不当解雇です。こちらも大問題です。

あるいは、まだ表面に出てきていない事実があるのかもしれません。僕たちは当面、推移を見守るしかなさそうです。

ですが、渦中にある子どもたちや保護者たちの心中を思うと、身につまされます。どこの園でも、もうすぐ卒園式のはずです。「4月から1年生」という希望で胸いっぱいの子どもたちに、大人たちのゴタゴタが影を落とさなければいいがと、心配でなりません。

民営化園で園児虐待?

ひどい話が伝わってきました。

園児の口に粘着テープ 千葉・八千代、女性保育士を解雇(朝日新聞)

記事にもあるように、虐待の舞台となった高津西保育園は、2007年4月1日から民間の社会福祉法人に移管された園です。

そして、同園の保護者らが民営化の差し止めを求めて八千代市を訴えたのが、このブログでもお伝えしてきた八千代裁判です。

笠本からは何も申しません。以下のブログで、現場の保護者の声をご確認下さい。

ママが裁判に挑んだ理由

横浜裁判の判決、11月26日に

横浜裁判の最高裁判決が、11月26日に言い渡されることになりました。

日経ネットが伝えています。

第一審で横浜市による強引な民営化の違法性が認定され、第二審では一転「保護者に訴える適格性がない」と門前払いの判決となりました。このブログでもお伝えしてます。

記事は、第二審の判決を変えるのに必要な弁論が開かれないことから、保護者側敗訴の第二審が確定する見通しだと伝えています。

確かに見通しは厳しいかもしれませんが、単純に第二審の結論を支持するだけなら、わざわざ法廷を開く必要はありません。実際、大東裁判では、市側の上告を棄却するのに、法廷は開かれませんでした。

ひょっとしたら、単純な第二審確定判決ではないかもしれません。

注目の判決と言っていいでしょう。

11月26日 午前10:30~
最高裁判所 第一小法廷


公立保育園民営化の宿命

大阪府で保育園3園を運営する社会福祉法人「寝屋川福祉会」の前理事長らが、厚生労働省や府などから支給される運営費数百万円を私的流用していたそうです。朝日新聞が伝えています。

同会が運営する3園の中には、大東市が民営化した上三箇(かみさんが)保育園が含まれています。同園の民営化をめぐる訴訟が、あの大東裁判です。数ある保育園民営化訴訟の中で、保護者側の勝訴が確定した唯一の例として、あまりに有名です。このブログでも、何度か取り上げたことがあります。

さて、このような事例が明るみに出ると、「そら見たことか。やっぱり民間はダメなんだ」と短絡する議論が出かねません。「だから保育園の民営化はダメなんだ」という主張が出てくるかもしれません。しかし、笠本はそれらの主張に与するつもりはありません。

民間保育園の中には、公立の一段も二段も上を行く保育を実践している事業者があることを、笠本は知っています。その一方で、とんでもない粗悪な保育を提供している民間事業者が数多くあることも、一応知っているつもりです。

おそらく問題の核心のひとつとして挙げることができると思いますが、保育園を民営化しようとする行政が、

民間の実態を知らなさ過ぎる

ということは、言えると思います。

練馬が典型ですが、

民間は効率的だから、
どんな条件でも何とかしてくれる
という思い込み


が行政の側にあるような気がします。

民間だって人間が運営しています。神様ではありません。できることとできないことがあります。

なのに「民間は効率的」という思い込みだけで保育園を民営化してしまったら、どうなるか。個別には、結果的によかったという事例が出てくるかもしれません。その一方で、とんでもない悪質な事業者が受託してしまう事例が、必ず出てきます。その可能性を排除するのは、事実上不可能です。そして、大人たちの不明の責任は、子どもたちが抱え込むことになります。

ちなみに、「民間が効率的」というのは、保育園に限っては誤解を与える表現だと思います。
保育という同じ仕事をしていながら、公立は人件費が高くて民間は低い。これは

効率の問題ではなく、差別の問題

だと笠本は思います。同じ保育という仕事をしているなら、民間の保育士は公立と同等に報われるべきです。

なのに、民間の保育士は、国家や自治体からの支援が不十分であるがゆえに、不当に低い待遇に甘んじるしかない状況に置かれています。

そんな状況を逆手に取るような形で「民間の方が効率的」という主張が出てきたというのが実態だと、笠本は考えています。

違うでしょう。

こんなの、国や自治体の怠慢のツケを民間に押し付けているだけです。

上三箇の事例は、全国各地で進められている保育園民営化の将来に対する警鐘と言えるかもしれません。同じような事例は、今後もきっと出てくると思います。民営化する以上は、これは宿命だと言うしかありません。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。