練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光四の事業者説明会&施設見学会

13日の午前中に、事業者向けの説明会、午後に光四の施設見学会が開かれました。保護者が自分たちの思いを事業者に直接訴えられる、数少ない機会です。光四の保護者をはじめ、卒園児の親や他園の保護者らも門前に集まり、法人の担当者に手紙やチラシを手渡しました。集まった保護者は、20人くらいだったと思います。笠本もちょっとだけ顔を出しました。

肝心の事業者ですが、練馬区担当者によると、施設見学会に参加したのは計6社。社会福祉法人が1社で、残り5社はすべて株式会社だったそうです。午前中の説明会は、参加数11社とのことでした。

青空でしたが寒い一日でした。三々五々到着する事業者を一社たりとも逃すまいと、親たちは光四の門前で震えながら待ち続けていました。

スポンサーサイト

ピジョンが求人

13日の新聞折込広告に、光が丘第八保育園の求人情報が掲載されていました。

光八の求人広告


「求人広告ひとつで鬼の首を取ったように騒ぎ立てるのも・・・」というご批判もあるでしょうが、一応お知らせしておきます。

2回目の証人尋問、迫る

以下の通りの要領で、2回目の証人尋問が開かれます。
今回は「該当なし」の結論を出したときの選定委員長だった弁護士さんです。

前回の大学教授の尋問では、研究者としてのお立場から、保育園民営化という政策自体についての鳥瞰図的な問題点が主でしたが、今回は、練馬区の強引な姿勢に対する具体的な問題点が明らかになるだろうと思います。

2008年1月18日午後3時~4時半
東京地裁708号法廷


是非ぜひ傍聴にお越し下さい!!

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。