練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回弁論報告(4)~反対尋問篇

今回は反対尋問です。被告代理人の意地悪な尋問に、証人がピシャリとやり返す様子が、とにかく小気味よくって痛快でした。
一方で、被告代理人の的外れな尋問が裁判官の苦笑を誘う場面もありました。
最後は、証人の堂々とした証言に、傍聴席から拍手が沸き起こりました。

続きを読む »

スポンサーサイト

第11回弁論報告(3)~転園の決断篇

今回お伝えする証言内容は、混乱の最中、転園という苦渋の決断を強いられた当時の状況、心境です。
数百メートルしか離れていない園に転園してきたのに、自分たちが「戦火を逃れてきた親子」のように感じられたという証言が、ズシリと響きます。
転園先での「キラキラの体験」は、なかなか言葉にしづらい「保育の質」というものの一端を、見事に表現していると思いました。

ぜひご覧ください。

続きを読む »

第11回弁論報告(2)~委託後の状況篇

今回は、委託後の状況についての証言です。
ピジョンの保育士が退職を決意し「ごめんなさい」と泣き崩れる様子、
ようやく信頼できる先生に出会えたと安心した矢先の告白に、保護者も一緒に涙する様子、
自分たちの蓄積を懸命に伝えようとする区の保育士の努力が、相次ぐ退職によって徒労に終わる空虚感・・・
光が丘第八保育園の保育が壊れていく様子が、よく伝わってくると思います。

ご一読下さい。


続きを読む »

第11回弁論報告(1)

遅ればせながら、といっても相当に遅れているのですが、6月4日に開かれた第11回弁論のご報告です。最も混乱した時期を経験し、転園という苦渋の決断を強いられたお母さんが、証言台に立ちました。
とてもいい証言だったので、数回に分けて、詳しくお伝えしたいと思います。
今回は、練馬区が強引にピジョンを選ぶまでについてです。
「区に裏切られた」「こんなやり方がまかり通るのか」
親としての率直な心情だと思います。以下、証言内容です。

続きを読む »

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。