練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野台も「受託予定事業者なし」

高野台保育園の受託事業者選定の結果、「受託予定事業者なし」となったことが、4日の議会で報告されました。今年3月に、光が丘第四保育園の選定で同様の結果が出たばかりです。まだ10ヶ月あまりしかたっていません。

選定報告書の総括に当たる、冒頭部分を以下に引用します。

20練児子第10376号
平成20年12月2日


練馬区長 志村 豊志郎様

練馬区立高野台保育園運営業務委託事業者選定委員会委員長
健康福祉事業本部長 犬塚 隆


練馬区立高野台保育園運営業務委託事業者選定について(報告)


練馬区立高野台保育園運営業務委託事業者選定について下記のとおり報告します。



練馬区立高野台保育園運営業務委託事業者選定委員会は、応募のあった2事業者(当初4事業者が応募、応募後に2事業者が辞退)について、提案書による審査、現地調査(事業者運営施設の視察)による審査および園長候補者等ヒアリングによる審査を行い、合議のもとに最終候補事業者を選定するよう議論を重ねてきた。その結果、1事業者については、運営する園の保育内容は区立保育園を委託するに足るものであったが、ヒアリング等において、委託後(準備期間を含む)の体制づくりが現状では難しい状況にあること、また、もう1事業者については、ヒアリングや現地調査において、園長候補のリーダーシップ、実地に即した対応力などを十分に確認できないことから、「受託予定事業者なし」とした。
なお、辞退した2事業者のうち、1事業者は園長候補者を立てられなくなったこと、1事業者は他区の保育園の受託が決定したことを理由として辞退したものである。



※全文は、練馬区のサイトからPDFファイルをダウンロードすることができます。

たったこれだけの部分ですが、それでもいくつかの指摘ができそうです。

  1. 「区立保育園を委託するに足る」園であったとしても、それだけで受託できる訳ではないこと。
  2. 事業者が相応の準備を整えるには、相応の時間を要すること。
  3. 自治体間での事業者の奪い合いが続いていること。

当初の応募4事業者のうち、辞退1を含む2社が事前準備を万全に整えることができなかった訳です。各事業者の内情は、わかりません。ですが、選定から準備委託開始(来年4月)までわずか4ヶ月というスケジュールの厳しさが、何らかの形で影響しているのではないかという疑念を拭えないのは確かです。

他の1社は練馬の区立園を受けるに足らず、残りの1社は他自治体に流れるという結果になった訳ですが、こんなことが一体いつまで繰り返されるのでしょう?

2009年から毎年2園ずつ計16園という当初の委託計画でした。ところが初年度の豊玉第二が1年延期、光が丘第四は「選定なし」で1年延期、2年目の高野台が「受託予定事業者なし」。計画2年目までに対象となった4園のうち、3園が区の思惑通りに行かなかったことになります。

区の計画は、いきなり破綻してしまっています。

なぜか。

保育園を民営化しようとすること自体が無理だからです。

保育園の民営化というのは、子どもたちにとって「○○ちゃんは、あっちのママの子になりなさい」みたいな理不尽さを、宿命的に背負っています。子どもたちへの影響を最小限にしようとすれば、引き渡す方も受ける方も相当の無理を重ねなければなりません。特に受ける側の民間事業者にかかる負担は甚大です。「子どもたちを何とか守ろう」という志を持った事業者が、もはや受け切れなくなっています。高野台の選定結果は、

無理に無理を重ねた結果が早くも露呈してきている

と見るべきです。

こんな情勢の中で平気で受託できるのは、「資金繰りが悪化したので保育園の運営をやめます」みたいな、保育の社会的責任の重さを自覚しない劣悪な事業者しか残っていないでしょう。

こんなことは、もうやめるしか道はありません。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。