練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地裁判決(要旨);6.25合意違反について

本当なら、一通り判決文の批判を終えた後で「控訴します!」と宣言したかったのですが、作業が間に合わず、控訴宣言が先になってしまいました。

さて今回の判決文は、一次選定で適切な事業者を選定できなかったときは「スケジュールを含めて協議する」という、光八保護者と練馬区との合意を、練馬区が一方的に破棄した部分についてです。まあ読んでみてください。ひどいです。


また、原告らは、練馬区と光八保護者の間で、選定委員会が適切な受託事業者を選定できなかった場合には、スケジュールを含めて協議するとの合意ができていた(認定事実の引用)として、当該合意に反して選定会議を設置してピジョンを選定した志村区長の行為は信義則に反する旨主張する。
しかし、弁論の全趣旨によると、原告らはいずれも光八保護者ではないことが認められるところ、そのような原告らが本件のような住民訴訟という枠組みの中で、志村区長の裁量権の逸脱又は濫用を基礎付ける事情として上記のような光八保護者との間における「信義則違反」という点を主張することができるといえるかはさておくとしても、選定委員会が結論を出した後、対策協議会が開かれる前の段階で選定会議を設置したのは、光八保護者に対していつでも対応策を提案することができるようにするためである旨の(当時の児童青少年部長の姓)証言には、保育行政に責任を負う区の立場としては一定の合理性が認められるところであるし、選定会議によるスケジュールでは、本件募集要領においては平成17年6月1日からとされた準備委託契約の開始時期を、同年9月1日からとするよう変更することとされており(認定事実の引用)、選定作業の遅れに伴って委託のスケジュールについても光八保護者に配慮する形で変更されていることも考慮すると、上記合意事項に反して対策協議会での協議を経ずに選定会議を設置したことをもって、選定会議の設置及び選定会議の選定を経た上でのピジョンの選定について、練馬区ないし志村区長の裁量権の逸脱又は濫用があったということはできない。


笠本はこう思う!

まず、そのような合意があった事実を裁判所が認定していることにご注目ください。原告両名が光八保護者でない点を指摘している部分は、まあいいとしましょう。
裁判所が、練馬区による第二次選定機関である選定会議の設置について、「光八保護者に対していつでも対応策を提案することができるようにするためである旨」であったことを理由に、一定の合理性を認めています。もしその合理性を認めるならば、それはあくまで「提案」にとどまる場合です。ですが本件の場合は、明らかに決定事項の押し付けでした。その点の判断を裁判所は誤っています。
それから、当初予定から3ヶ月後の9月1日から準備委託を始めるという練馬区の判断を、あたかも「光八保護者に配慮する形で変更」したかのように裁判所は受け止めています。練馬区が光八保護者に本当に配慮したならば、少なくとも平成18年度からの委託になっていたはずです。それが当時の保護者の切なる要求でした。にもかかわらず、裁判所は、練馬区が多少計画を後滑りさせたことをもって、あたかも「保護者に配慮した」かのように判断しています。この点も非常に甘い判断です。
そして、これらの誤った判断を基礎にして、裁判所は「上記合意事項に反して対策協議会での協議を経ずに選定会議を設置したことをもって、選定会議の設置及び選定会議の選定を経た上でのピジョンの選定について、練馬区ないし志村区長の裁量権の逸脱又は濫用があったということはできない」と結論付けています。
光八保護者が何のために本件合意を求めたか。それを文書にすることを求めたか。同年2月10日の区長所信表明演説という形での年度途中の委託化発表。あまりに唐突な行政の横暴に何とか一定の枠をはめようと、その苦い経験を踏まえて、同じ轍を踏まないよう知恵を絞った結果です。
裁判所は、そんな経緯はお構いなしに、練馬区が物理的に無理になった計画を後滑りさせたことをもって、あたかも光八保護者に配慮したかのごとき判断をしてしまいました。
裁判所は、自ら認定した事実を表面的にしか判断できなかったようです。最悪です。


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。