練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊二計画延期、議会の反応

豊玉第二保育園の委託計画延期について、議会での主な反応を拾いました。

★鎌田(共産)
1年しか延ばせないのか? 保護者は3年くらいの延期を要望していると聞いている。保護者の合意は得たのか?

★支援調整課長
1年でお願いしたい。豊二の保護者からは、在園児の卒園まで待つよう要望を受けているが、区の考え方を早急に説明したい。保護者の合意は得ていない

★鎌田(共産)
子どもたちのストレスは、これでは全く解消されない。再度の見直しを求める。

★支援調整課長
平成21年度までは区の保育士が保育に当たる。引越しという変化はあるが、これでクリアできると考える。

★橋本(ネット)
意思決定のプロセスがわからない。園舎建替え延期という「新たな課題」を、今回の計画延期の理由としているが、これは全体説明会の頃からの課題だったはずだ。

★支援調整課長
6月18日に計画発表、6月末~7月はじめに全体説明会、その後に園舎建替え計画の延期というのが時系列の流れだ。当初はこの計画でできると考えていたが、その後に園舎建替えが延期になり、保護者との話し合いの中で、不安が大きいことがわかった。事業者にも負担がかかる。今回の区提案がベストだと考える。

★橋本(ネット)
光四が今年12月の公募、豊二が来年2~3月、北町・高野台が7~8月。事業者の募集時期がバラバラだ。良質な事業者の応募を得るための時期というのがあるのではないか?

★支援調整課長
事業者の側で適切にご判断いただけると考えている。

★橋本(ネット)
光四の計画にも、無理があるのでは?

★児童青少年部長
豊二はあくまで、園舎建て替え計画の延期に伴う計画変更だ。

★藤井(自民)
20日に光八、向山、つつじの視察に行った。「引継ぎは3ヶ月で十分」という現場の生の声がある。期限は必要だ。今までの保育士がいたら、子どもはいつまでも新しい保育士になつかない。スケジュール通りやる必要があったのではないか。年度途中の定員増加にしても、民間だったらすぐに対応すると思う。延期は残念だ。待機児童解消の声は高い。定員を増やした上で仮園舎で引継ぎを始めるという発想はなかったのか?

★支援調整課長
そのような発想はなかった。

★藤井(自民)
(法人2税の話)どこか削らなければいけない。保育にかかる経費のうち、保育料は9%。あとは公費だ。このことを保護者にきちんと説明しなければいけない。「子どもはすぐに慣れる」という現場の生の声があったではないか。

★児童青少年部長
財政が今後厳しくなるというご指摘はその通り。豊二については、当初は「新園舎で本委託」と説明していた経緯があって、今回の延期に至った。

※その他、原議員(公明)や加藤木議員(民主)が発言していましたが、省略。

藤井議員(自民)がしきりに「現場の生の声」を強調していますが、どうも都合のいいところだけをつまみ食いしている印象があります。確認が取れ次第、ご報告したいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/111-c9ee594c

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。