練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光が丘第四保育園、風雲急

こちらもご報告が遅くなって恐縮ですが、光が丘第四保育園(光四)の委託をめぐる動きが慌しくなってきました。

練馬区は11月26日の区議会で、豊玉第二保育園の委託計画を1年延期する一方、光四の委託は、予定通り進める姿勢を鮮明にしています。

そして28日には、光四保護者に対し、練馬区が以下の通り個別説明会を開催すると、一方的に通告してきたのです。


日時:12月7日(金)午後6時30分~(2時間程度)
    12月9日(日)午後2時~(2時間程度)
場所:光が丘第4小学校1階 ランチルーム


6月30日の光が丘地区全体説明会以降、光四保護者は、「十分な説明を得られる見通しが立たない」ことを理由に、個別の説明会を拒否し続けてきました。

業を煮やした練馬区は、11月17日に個別説明会の開催を企図しましたが、保護者からの参加申込が得られず、延期しています。

一方で保護者側は、説明会開催に向けた条件などを話し合うための意見交換会を開こうと、練馬区に働きかけてきました。ところが練馬区はこれに応じず、いったん延期した説明会を上記の通り開くと突きつけてきたのです。議会で「光四は予定通り進める」と明言した2日後に。。。

これが何を意味するのか。予定通り12月中に公募に持ち込むため、「保護者にはちゃんと説明しました」という実績がほしいということです。
つまり、

アリバイ作り

に他なりません。光四の保護者たちは今、身が引き裂かれる思いでしょう。

説明を受けたらどうなる?→アリバイ作りに加担したことになる
説明を拒んだらどうなる?→強引に押し切ってくる


どちらも、いばらの道です。

保育園の民営化というのは、こういう面でも残酷物語です。


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/113-82242526

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。