練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強要

12月6日の区議会(健康福祉委員会)で、練馬区は、未発表だった委託予定12園の名称を発表しました。すでに明らかになっている豊玉第二、光が丘第四、北町、高野台と合わせ、計16園が、平成28年度までに順次委託されていきます。

園名は、練馬ふぼれんオフィシャルブログに掲載されています。

練馬区は、本件訴訟の原因である光が丘第八保育園の委託で、無理な計画を強引に押し通し、大混乱を招くという苦い経験をしました。

向山保育園では、親たちが納得のいく法人を自分たちで探し出してきました。石神井町つつじ保育園では、「自分たちの子どもは自分たちで守る」と、親たちが自らNPO法人を急遽設立し、受託を勝ち取りました。ともに、相当な無理を重ねた上での結果です。何としてでも子どもたちを守りたかったからです。

練馬区は親たちに、今後16もの優良法人を引っ張って来いと言っているのでしょうか? 16ものNPOを設立しろと言っているのでしょうか?

光八の混乱から、子どもたちの悲鳴から、練馬区は何を反省したのか。向山つつじの親たちが、失政の影響から懸命に子どもたちを守ろうとする姿を見て、練馬区は何を学んだのか。

本当ならしなくてもいい無理を、ここまで親に強いておきながら、「そいつは都合がいい。これからもよろしく」とばかりに、さらなる無理を強要する。。。

委託16園の発表は、そういうことだと思います。


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/114-721a461b

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。