練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1・18証人尋問のご報告

1月18日の証人尋問について、2月の下旬になってご報告するのは、正直言って気が引けます。実は1~2月にかけて、光が丘第四保育園の委託をめぐって練馬が大騒ぎになっていて、ブログの更新も思うようにできませんでした。申し訳ありません。

【ポイント1】「該当なし」or「選定にいたらず」
わずか5名の委員だったため、正式に決を採った訳ではなかったそうです。しかし、
有識者3委員;9月委託という厳しい条件では、適格事業者はいない」という趣旨の意見表明
元園長の委員;ピジョン運営園を厳しく評価しながら、万全のフォローを条件にピジョンを可
児童青少年部長;大きな会社で倒産もしないだろうから、いいのではないか
という意見だったそうです。これらの意見分布から導き出された結論は、「該当なし」としか表現しようのないものであったことを、証人は訴えました。この結論を確認する段階でも、特に混乱はなかったとのことでした。児童青少年部長は「区長にどう報告するか、大変だ」と苦笑していたとか。

【ポイント2】表現をめぐる攻防
翌日、練馬区から提示された最終報告文書の案には「選定にいたらず」と記載されていたそうです。他の有識者委員からは「該当なしと明記すべき」という強い修正意見が寄せられたとか。証人自身もこの表現を疑問に思いながら、「庁内の意見調整に苦労しているのだろう」くらいの認識だったそうです。
練馬区が自身の主張に固執し、最終的な文案をまとめるのに手間取っているうちに、7月5日(2005年)に朝日新聞が「練馬区が再選定を行うのではないか」と報じました。証人は、この報道で、区の真意を理解したそうです。

その後は、

7月11日 練馬区が「選定にいたらず」と議会に報告。
  同日夜 有識者3委員が記者会見。「真実は、該当なし」と公表。
7月12日 練馬区が記者会見。前夜の会見を非難する一方、「選定は可能」との認識を表明。
7月15日 庁内に選定会議を設置。
7月19日 光八保護者に、再選定の方針を説明。
7月20日 選定委員会報告(選定にいたらず)

とまぁ、最終報告が出る前に、練馬区が怒涛の勢いで既成事実を作り上げていった訳です。

そのほかにも、これまでブラックボックス状態だった選定委員会の議論の中身が具体的に明らかになったり、公の場での練馬区による証人に対するバッシングなどなど、全般にわたって言及があったのですが、長くなるのでここでは省略します。
委託後の混乱について「ある程度混乱するとは思っていたが、ここまでとは思わなかった」と証言し、「これはいくらなんでもルール違反だ。歯止めを設けなければならない」と主張しました。

【反対尋問】

被告代理人からは、次のような質問が投げかけられました。

  • (審査基準の)数値の基準は? 5段階の「1」や「2」がついたら?
  • 5段階の「3」が光八の水準ではなかったか?
  • 採点は、相対評価? 絶対評価?
  • (最終選考で)プラス評価については議論した?
  • 「不適格」という言葉を使って議論した?

などなど。これに対し証人は、

  • カッチリした評点基準を決めた訳ではない。「2」がついたからといって、直ちに不適格ということはせず、委員の間で議論した。
  • 「3」が光八の水準だという議論をした憶えはない。
  • プラス評価も部分的にはあった
  • 言葉の問題ではなく「不適格」という意味合いでの意見であった。

※被告の立証意図は「要は、審査基準もあなたたちの評価も、厳しすぎたんでしょ?」「はっきり決を採った訳ではないんでしょ?」といった点にあったように思います。

※「3」が光八の水準、というのは、実は光八の保護者からの強い要望で、練馬区も合意していたはずの事項でした。でも実際の選定委員会では、そのことが伝えられていなかったのですね。これはこれで問題なのですが、結果的には被告側の立証意図に反する証言になったようです。

次回の証人尋問には、被告側の証人として、当時の児童青少年部長が登場します。ぜひ多くの方の傍聴をお願いします!

日時;4月16日(水)14~16:00
場所;東京地裁712法廷


以前もチラリと書きましたが、被告代理人による主尋問45分に対し、原告からの反対尋問が1時間です。裁判官の「エッ?」という反応を見ると、どうやら主尋問より反対尋問が長いというのは、異例なことのようです。当時、現場の意思決定の中枢にいた人物ですから、こっちも聞きたいことは山ほどあるんです。乞ご期待!


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/127-fc79a84f

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。