練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光四続報

光が丘第四保育園(光四)が今、大変なことになっていて、それをキチンとご報告する時間もありませんでした。申し訳ありません。2月の動きを、簡単におさらいします。

2月3日(日)
練馬区主催の意見交換会(説明会)。練馬区としては、選定基準について話し合いたいという意図だったのですが、その話はほとんど触れることができませんでした。代わりに問題になったのが、選定委員会の構成と人選です。
1月25日付の光四保護者あて文書に、選定委員会の構成が決まり、人選についても候補には内諾を得ている旨が記載されていました。「以前の説明会でも、保護者と話し合うって言ってたじゃない!」という保護者の強い反発が、この場で爆発しました。
後続の3園も、保護者が何らかの形で選定に関与できるよう、区と話し合うつもりでいただけに、光四に対する練馬区の対応に強い異議をぶつけました。
光四は、「なぜ勝手に決めたのか」と繰り返し説明を求め、「選定委員に保護者を入れてほしい」と何度も何度も要求しました。
そのたびに区は、首を横に振り続けました。
東京では珍しい大雪の日でした。そのなか、光四や後続3園の保護者、父母連、区議さんなど、3~40名くらいが集まっていたと思います。
区は結論をいったん持ち帰りとし、閉会しました。開始から6時間が過ぎていました。

2月4日(月)
練馬区から光四の保護者に「オブザーバー参加を認める」という打診がありました。前日の意見交換会でも「選定委員がダメならせめてオブザーバーを」という声が出ていました。選定委員は無理だが、保護者代表に議論の推移を見てもらおうという、練馬区としてはギリギリの判断だったろうと思います。
歓迎すべき提案だと思ったのですが、その中身を見ると、非常に厳しいものでした。

オブザーバー〔補説〕 観察者の意
会議などで、特別に出席することを許された人。発言はできるが、議決権や発議権はない。陪席者。(三省堂「大辞泉」)

保護者が求めたオブザーバーは、辞書の意味の通り、議決権はないが発言できる人のことを念頭に置いていました。ところが練馬区の案は、発言権もないただの「傍聴者」でした。なのに、選定委員並みの守秘義務を課せされました。委員会の要点記録は早急に光四の保護者に配られますが、その範囲内で保護者全体にも一定の守秘義務が求められました。

2月6日(水)
第1回選定委員会。光四の保護者が1名、オブザーバーとして参加。

2月15日(金)
公募締切。応募は社会福祉法人2社のみ。

※この日まで、優良と思われる事業者へ応募を懇願する活動が続きました。一方で、選定委員に何とか思いを伝えたいと、手紙を託そうとしたりしましたが、「選定委員への働きかけに該当する」との理由で、練馬区が拒否。区と保護者との間でやり取りが続きました。

2月17日(日)
選定基準についての練馬区主催意見交換会(説明会)。
保護者は、選定委員が光四を実際に採点し、その点数を応募事業者が下回った場合は落選とする、という案を出しました。ここでもずいぶんと押し問答がありましたが、結局は選定委員会で議論してもらうことになりました。
この日、かなりもめた一件があります。
募集要領によると、園長・主任・クラスリーダー保育士(6クラス)の計8名の候補者が、準備委託が始まる4月から週1回程度配置されることが記載されています。各人に求められる経歴についても明記されています。ところがです。練馬区はこの日、
4月1日時点で全員が揃っていなくてもよい。4月中に揃えばよい
ということを言い出したのです。
???
ということは、応募の段階で人選が決まってなくてもOKってこと? 園長候補はヒアリングが求められるから決まってなきゃいけないだろうけど、クラスリーダーとかは未定のまま選定していいの? 募集要領には「6年以上の実務経験、同等の経歴、識見、能力」をクラスリーダーに求めているけど、選定の段階でどうやって確認するの? 公募基準を満たした事業者かどうか確認できないじゃん? そんな調子で本当に選ぶ訳?
これに対し練馬区は
「4月から」とは書いてあるが、「4月1日から」とは書いてない。
???
みんな4月1日に必要な人員が揃うと思ってたよ。事業者だって「1日までに8人揃えるのは難しい」という理由で応募できなかったところもいっぱいあるんだよ。

一体どうなってんのよ~~~!

という調子でした。他にもいろいろあったのですが、省略します。

2月24日(日)
事業者プレゼンテーション。園長候補者ヒヤリング。
(予定)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/128-bf6ebf8e

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。