練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光八協議会

重要な出来事のご報告が、最近遅れ気味で恐縮です。
2月23日(土)、光八の協議会が開かれました。昨年11月11日以来です。
※2008.2.28.追記;メールでご指摘をいただき、確認したところ、前回の協議会は平成18年11月11日でした。「昨年」と標記したのは誤りで、正しくは「一昨年」でした。訂正します。

日常の保育については、非公開の運営委員会で議論されていますが、今回のテーマは運営委員会の判断を超える内容だと保護者が判断し、久々の協議会開催となりました。このブログにも案内メールが届いています。

「運営委の判断を超えるテーマ」はいくつかあったのでしょうが、そのうち最重要のものは、契約仕様書の変更だったろうと思います。つまり、改善勧告の根拠となる規定を緩める件です。どう変えるかというと・・・

【現行】年度内に4名以上の異動で改善勧告
(仕様書本文)
乙(※ピジョン)は、職員の配置にあたっては、在籍園児との関係を重視して、原則として年度途中での交代は行わないこと。ただし、年度内で常勤保育士の異動があった場合は、ただちに保護者に報告すること。さらに、年度内に3名を超える常勤保育士の異動があった場合には、甲(※練馬区)は乙に対して改善勧告を行うとともに全保護者に対して文書で周知する。

【変更案】年度末の異動は別枠とする
(上記文書に下記の文言を追加)
ただし、年度末の常勤保育士の異動については、異動の理由、人数、引継ぎ対策等について運営委員会に報告するとともに、年度内の異動に対する早期補充を条件に、別に定める規定により改善勧告を行うものとする。

※別に定める規定
年度末において、翌年度に継続する常勤保育士数が21名以下となったときは、練馬区は事業者に対して改善勧告を行う。

区の説明によると、光八には最低25名の常勤保育士が必要です。園児数に対する練馬区基準が23名、延長保育や休日保育という特別事業に要する2名。

「3名を超える」という数値を前提にすると、翌年度に継続する常勤保育士が、25-3=22名確保できれば、改善勧告の必要はない、というのが、練馬区の変更案です。

現状の光八では、加配があって実働で計29名が勤務しています。つまり、4名の余裕があります。

今回の協議会では、平成19年度中に、年度途中の異動者が2名、年度末で7名いることが明らかになりました。

29名から年度末の異動者7名を引き算してみてください。22名です。つまり、ぎりぎりセーフ、という訳です。

一方、年度途中での異動については、これまで通り「3名を超えたら改善勧告」という規定が適用されます。

保護者側委員は、変更の是非以前に、わかりにくい規定の解釈でずいぶん混乱している様子でしたが、最終的には了承しました。

だとしても、変更後の規定は平成20年度契約から適用されるので、今年度中の異動については従来通りの規定に従い、改善勧告が出されるはずなんだけど・・・練馬区は出さない旨を表明、保護者側も求めませんでした。保育自体は落ち着いてきているし、下手に改善勧告なんか出すと無用な混乱を招く恐れがある、という保護者側の判断なのかも知れません。
※2008.2.28.追記;こちらもメールでご指摘を頂きました。協議会では来年度の契約仕様書変更について話し合われただけで、今年度は今年度の仕様書に沿うと確認されただけだとのことです。事実確認してみます。

今回の変更は、ピジョンから練馬区に申し入れたという経緯のようです。配布資料によると、

「毎年度末は、個人的な事情のほか人事異動による職場の活性化などで、今後についても3名を超える保育士の異動が考えられます。(中略)区には、年度末に限り、仕様書の改善勧告に関する部分の変更をお願いしたい」

ピジョンは退職・異動の理由として、結婚や出産に伴う転居などの個人的事情、人事異動による職場の活性化を挙げています。

練馬の公立でも確かに人事異動はありますし、個人的理由で退職される保育士さんもいます。それを考慮に入れても、ピジョンの退職は多いな~という印象です。今年度は、1年に9名。29名の3分の1に迫る数です。

ピジョンは「個人的事情では強く引き止める訳にもいかず・・・」と釈明していましたが、結婚や出産後も安心して働き続けられる労働環境にあるのか、職員が働き続けたいという意欲が持てる環境なのか、という点については、疑問を払拭できるだけの材料は全く出てきませんでした。

この他に、次年度より、契約の相手方がピジョン株式会社からピジョンハーツ株式会社(ピジョンが100%出資する保育専門子会社)に変更になること、これに伴い、契約社員である保育士さんたちを正社員として雇用していくことなどが協議されました。

3ヵ年の複数年契約についても議題に上がりましたが、これは光八だけでなく他の委託園にも大きく関わる重要な問題です。別の機会に述べたいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/129-1a2a3315

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。