練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回弁論報告(1)

遅ればせながら、といっても相当に遅れているのですが、6月4日に開かれた第11回弁論のご報告です。最も混乱した時期を経験し、転園という苦渋の決断を強いられたお母さんが、証言台に立ちました。
とてもいい証言だったので、数回に分けて、詳しくお伝えしたいと思います。
今回は、練馬区が強引にピジョンを選ぶまでについてです。
「区に裏切られた」「こんなやり方がまかり通るのか」
親としての率直な心情だと思います。以下、証言内容です。

★民間委託発表後について

本園(光八)が平成17年4月から民間委託されると発表された平成16年8月時点では、長女と長男の2人のお子さんが本園に通っておられ、二女は貴女のお腹の中にいたのですね。
はい。そうです。

民間委託の話を聞いたときは、なぜこんなに突然に、しかも第八保育園なのか、という気持ちだったのですね。
はい。そうです。委託の発表があったのが平成16年8月で、17年4月から委託を開始するということで、委託開始まで1年もなかったことから、とてもびっくりしました。また、練馬区の区立園59園(当時)の中からなぜ光が丘第八保育園が選ばれたのかわからずとても戸惑いました。

保護者の方々は、メーリングリスト、ホームページを立ち上げ、話し合いや勉強会を持ち、区に対して17年4月からの委託の中止、協議会の設置を求めていったのですね。
はい。そうです。とにかく17年4月はあまりにも性急すぎると中止を求めました。また、保護者の意見が反映される場として、協議会の設置を区に求めました。

説明会での区の説明で保護者の方は、なぜこんなに性急に、しかも第八保育園なのか、ということについて納得できましたか?
できませんでした。区は、ただただ「ご理解頂きたい」の繰り返しでした。

11月に産まれた二女も翌4月から本園に行くことしたのですね。4月からの委託は気にならなかったのですか?
とてもなりました。4月から第八保育園はどうなってしまうのかがわからず、とても不安でした。ですが、上の二人が第八保育園に通っていて、二女を別の保育園に入れることは、送り迎えの時間的にとても厳しく難しいと思いました。また、16年12月の対話集会で区の助役が出席されましたが、その時に17年4月から委託が実質延期されることが確認されました。他の母親もそうですが、年度の途中で委託をすることは考えられないと思っていましたので、二女も第八保育園に入園の申請をしました。

★区長の所信表明

2月5日に第1回の協議会が開かれた直後2月10日に区長の所信表明で9月委託が発表されたのですね。これを聞いてどんな気持ちでしたか。
協議会が開かれたばかりで、これからは区と保護者が話し合ってスケジュールも含め決められていくと考えていたので、9月から委託という発表に心底びっくりしました。委託の発表後、保護者は委託の是非はさておいて、保護者は「こどもたちの安心、安全」を合言葉に、区と誠実に向き合ってきたというのに、区に裏切られたという気持ちでした。そういった区の一方的な進め方に、これまで以上に強い不信感を持ちました。

その後協議会がタイトなスケジュールで開かれましたが、あなたは出席されましたか。
全部ではありませんが、可能な限り傍聴しました。

★選定委員会での結論、合意事項の反故

有識者を含む選定委員会の結論について、どのように聞きましたか。
「該当事業者なし」

それは、だれからいつ聞いたのですか。
第一報は、6月27日の光八保護者のメーリングリストからでした。そして、7月1日に臨時父母会が開催され、西村保育課長から直接、選定委員会にて「該当事業者なし」との結論に至ったとの説明がありました。

該当無しとの結論を聞いてどう思いましたか?
これで、9月からの年度途中委託は避けられると思いました。

なぜそう思ったのですか?
該当事業なしの知らせが入る直前の協議会で、合意事項を交わしており、事業者が選定されなかった場合は、スケジュールを含めて区と協議するということになっていました。時間的に考えて、9月委託開始は無理だと思いました。

しかし、実際には、選定会議で区はピジョンを選定し、9月から準備委託を実施しました。貴女を含め他の保護者の方の反応はどのようなものだったでしょうか。
他の方も合意事項を反故にされたという反応でした。区のあまりにも非常識なやり方に、なんのための選定委員会だったのか、なんのために協議会で粘り強く話し合いを続け、合意事項まで交わしてきたのか。こんなやり方がまかり通るものなのか、激しい憤りを覚えました。
区長に対して警告も提出しました。

(・・・つづく)



トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/141-06976377

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。