練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園民営化問題が新司法試験に登場

ちょっとした余談になりますが、新司法試験のプレテスト(模擬試験)の問題に、保育園民営化問題が取り上げられたそうです。

法務省のサイトから、「論文式試験」(公法系科目)をクリックして、PDFをダウンロードしてご覧ください。2問目がそれです。
問題文を要約すると、
  • 政令市のA市は平成17年6月7日、市立保育所2園の民営化方針を発表。
  • 同年7~8月にかけて数度にわたる保護者説明会。
  • 民営化実施は翌18年4月1日。
  • 民営化方針発表前に当該園に入園した保護者が、移管に伴い子どもに悪影響があるのではないかと不安を感じ、弁護士に相談に来た
という想定で、
  1. 保育実施の解除の性格について、(行政)処分であるとの主張を構成しなさい。
  2. A市に対してどのような訴訟を提起することが考えられるか、その訴訟要件や本案上の主張について検討しなさい。
というものです。

※実際には問題文だけでA4で4ページ、参照条文を含めると全10ページにわたり、詳細な前提が設定されています。

模擬試験とはいえ、保育園民営化問題が司法試験の場に登場するようになったのかという一種の感慨みたいなものを感じます。

それと、設定が妙にリアル。性急な移管計画といい法的構成といい、Y市の裁判そのまんまって感じです。そして、その後に続く各地の裁判とも、多くの部分で通じるところがあるのではないでしょうか。「もともと司法試験の問題は、実社会の諸事件を想定して作られている」と言ってしまえばそれまでですけど、法務省としても、関心が高いのでしょうか。。。

練馬の裁判は住民訴訟なので、本問とは性格が大きく違います。何としても勝訴して司法試験に取り上げてもらい、法曹を目指す多くの人たちにこの問題を考えてほしいと思います!

※ちなみにこの問題、ひょっとしたら解けるんじゃないかと一瞬だけ思いましたが、やっぱり難しかったです。。。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/164-f7bbe644

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。