練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸裁判の結果(速報)

神戸裁判は、残念ながら原告敗訴だったようです。神戸新聞の記事によると、原告は控訴の方針だそうです。

市立保育所廃止は適法 神戸地裁「合理性ある」
MSN産経ニュース 2008.12.16 20:54

保育所民営化の取り消し訴訟、原告の訴え退ける 神戸
神戸新聞(12/16 20:21)


※2008.12.17.毎日の記事を追加
神戸市の保育所民間委託:民営化条例「市に裁量の乱用ない」--地裁判決 /兵庫
毎日新聞 2008年12月17日 地方版


2008.12.17.追記
これらの記事を読む限り、神戸地裁は「保育の質を維持するための措置が講じられていれば、民営化OK」という判断をしたように読み取れます。判決文を入手できていない段階で論評するのはどうかとも思うのですが、はっきり言って「冗談じゃない!」と叫びたくなります。
保育というのは、子どもたちという一番の宝物を、親と一緒に大事に育てていく営みに他なりません。「市の財政が苦しいから、○○ちゃんはあっちのママの子になりなさい」と言われて、「ハイわかりました」と子どもたちが納得する訳がありません。
僕の実感でしかないのですが、「自分は子育てをしてきた」と胸を張る父親の多くが、よくよく話を聞いてみると、実際には「母親に子育てをさせてきた」ことを、あたかも自分が子育てしてきたかのように吹聴しているに過ぎないということが、頻繁にあります。
裁判官は超多忙だと聞いています。神戸地裁の本件裁判官が父親なのかどうかかも知りませんが、子どもを育てるという営みがいかに重要で大変で価値あるものなのか、子どもたちが小さな心でどんなことを感じているのか、そのあたりの想像力を働かせれば、こんな判決になるはずがありません。原告のみなさんには、控訴審でぜひ子どもたちの心を代弁してがんばってほしいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/170-09ef1541

それでも僕はあきらめない!

前回エントリーのコメントより「司法判断」を仰ごうじゃないか!という話が盛り上がっています。 こういう時に法律関係者の方から適切なアドバイスがコメントで頂けるようになれば、このブログもたいしたもんですが、なかなかそうもいかないようです。^_^; でも、この...

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。