練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回口頭弁論が開かれました

12月6日、第3回の口頭弁論が開かれました。傍聴に来ていただいた方々、ありがとうございました。今回も10分程度で終了しました。

前回まで傍聴に来ていた保育課長は、今日は姿を見せませんでした。その代わりという訳でもないのでしょうが、ピジョンの須郷さん(ピジョンハーツ株式会社取締役会長。ピジョンは、保育園の受託運営などの部門を別会社にしているみたいです)が、直々に傍聴に来てました。

笠本は原告席から須郷さんを見つけて「オヨッ」。須郷さんはそれに気付いて「ど~も~」とばかりに深々と頭を下げてくれました。被告代理人から送られてきた「訴訟告知書」で、やっぱり「ギクゥ~ッ」としたんでしょうかね~?

※余談ですが、協議会とかに傍聴に行っても、今まで見向きもしてくれなかったピジョンの社員さんが、笠本が裁判を起こした途端、実に丁寧に挨拶してくれるようになりました。

さて今回は、次のような書面のやり取りをして陳述に代えました。

原告側
前回提出された被告準備書面(1)に対し、原告が準備書面(2)をもって反論しました。追加の書証も提出しました。

被告側
前回提出した原告準備書面(1)に対する反論を、被告準備書面(2)として提出しました。

ごくごく簡単に言うと、「こんな選定・契約は違法だ!」「いや、何も不合理なことはないんだ!」というやりとりを、書面上で展開している訳です。

※双方の準備書面などは、以下URLにPDFファイルで格納してあります。

http://briefcase.yahoo.co.jp/nerimanohoiku/

これで、双方の主張があらかた出揃った形になりました。次の手続きとして、証人尋問をどうするかを裁判長から問われたので、原告は「選定委員会(一次選定)の選定委員だった人物2名を予定している。その他は未定」と回答しました。

そこで裁判所から出された今回の宿題は、次の通りです。

原告側
証人申請書の作成、尋問事項の書面作成

被告側
原告準備書面(2)に対する認否反論


第4回口頭弁論は次の通りに決まりました。

日時;平成19年1月31日(水)11:20~
場所;東京地方裁判所712法廷

ぜひ傍聴にいらしてください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/19-7126bb37

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。