練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練馬控訴審判決のご案内

練馬保育園民営化裁判の控訴審判決が、まもなく言い渡されます。

たった2回の弁論だけで判決の日を迎えることになりました。一審を踏襲した厳しい判決になることも予想されます。

保育園民営化をめぐる裁判では、特に最近、原告に厳しい判決が下る傾向が強くなっています。横浜の第二審も、先日の仙台地裁の判決もそうでした。

子どもたちの育ちを守る僕たち親にしてみれば、もちろん、この傾向には強い憤りと危機感を覚えざるを得ません。

一方で、裁判所の側に立ってみても、本当にこれでいいのかなあと心配になってしまいます。というのは、裁判所(あるいは法)が現実に全くついて来れていないからです。

受託した民間事業者が、無理な計画を押し付けられ、保育の現場が混乱し、最も弱い子どもたちがそのツケを負わされるという現実。「民間は公立より効率的」という理由で、不利な待遇を押し付けられる差別の現実。民間には公立以上に優良な保育園がある一方で、とんでもない粗悪な業者もたくさんいるという現実。すでに、運営法人の倒産で園が突然閉鎖になってしまったり、補助金や運営費の不正流用の事例も出始めています。

裁判所の認識や法の定めの想定を、現実ははるかに超えているように、僕には見えます。しかも悪い方向に進んでいるように、僕には見えます。

今の大人たちの過ちは、今の大人たちが正していかなければならないと思います。目の前の子どもたちのために。

僕たちの裁判は、そのための小さな小さな試みだと思っています。

10月22日(木)午後1時15分~
東京高裁808号法廷

判決後は、隣接する弁護士会館での報告集会も予定されています。

ぜひ傍聴にお越し下さい。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/200-3af70161

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。