練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住民訴訟」であること

練馬裁判の第一の特徴は、「住民訴訟」という特殊な訴訟形態をとっていることだろうと思います。というか、そういう形態をとらざるを得なかったことだろうと思います。

公立保育園の民営化をめぐる裁判は、全国で起きています。
大阪では、高石市と枚方市、大東市。
兵庫では、神戸市でつい最近提起されました。
神奈川では、今年5月に画期的な判決が出た横浜市と、川崎市でも裁判が始っています。
東京では板橋区と、我らが練馬区です。
あと、北海道でも裁判が起きたという話を小耳に挟んだことがあるのですが、事実は確認できていません。

これらのうち、「住民訴訟」という形で裁判を起こしたのは、板橋と練馬の2件が確認できています。

住民訴訟というのは、地方公共団体の違法な公金の支出に対して、その是正を求めるために住民が提起する裁判のことです。いわゆるオンブズマンと呼ばれる人たちが、公費の無駄遣いを追及するためによく起こしている裁判の形態です。その特徴は、おおむね次の通りです。

(1)対象が、地方公共団体の財務会計上の行為に限定されている。
公金が適正に使われているかどうかを住民側から監視する目的で設けられている制度ですので、この限定は当然といえば当然です。
保育園の民営化をめぐる裁判で「カネ返せ!」と請求することに違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが、こういう事情によります。

(2)その自治体の住民なら、誰でも提起できる。
住民訴訟というのは、訴えた本人の利益を守るために提起されるものではありません。公費の無駄遣いを是正するのは、その自治体の住民全体の利益になります。訴えた人は住民全体の利益を代弁して、裁判を起こしたものと解釈されます。ですから住民訴訟を提起する資格は、できるだけ幅広く認められるべきだというのが、法の趣旨です。その自治体に住民票を置いていれば、未成年者でも外国人でも訴訟を提起できます。その自治体内に登記を得ている法人でも可能です。

(3)事前に「住民監査請求」という手続きを経る必要がある。
住民監査請求というのは、住民がその自治体の監査委員に対し、違法又は不当な公金の支出を是正するよう請求する制度です。まずは自治体が自主的に解決しなさいというのが、立法趣旨です。
この監査結果に不服がある場合に、次の手続きとして住民訴訟を提起できます。
練馬の原告2名も、それぞれ住民監査請求をやりました。両名とも、平成18年3月30日、志村区長が18年度契約を締結する直前になりましたが、練馬区の監査委員に必要な書類を提出しました。次年度契約の締結差し止めなどを請求したのですが、5月29日にあえなく棄却されました。
監査委員4名は、保育園の民間委託を積極的に進める自民・公明の区議各1名と練馬区職員OB、高齢(70~80歳くらい)の税理士さんでした。
監査結果は、まるで保育課が代筆しているんじゃないかと思われるくらい練馬区の言い分ばかりでした。

※住民監査請求書と監査結果(ともに笠本の分のみ)を、コチラの「住民監査請求」フォルダに保管してあります(PDFファイル)。


練馬裁判の場合、原告の2名はともに光八の保護者ではありません。ですから、子どもたちの権利を主張し、練馬区の施策が違法であると真正面から訴える行政訴訟を起こす道が、法律上ありませんでした。

そもそも原告両名は、住民監査請求をした時点では、住民訴訟までは考えていませんでした。しかし監査結果が、われわれの想像以上にひどいものだったことから、次のステップである住民訴訟に踏み切ったというのが、簡単な経緯です。

練馬の裁判が住民訴訟という形態をとるのは、以上の事情によるものです。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/26-944ed5d4

保育園とは

育児や子育ての悩み解決。育児・子育ての支援情報公開

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。