練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピジョンに改善「要請」

今朝の読売新聞都内版に、以下引用の記事が載っていました。

--------------------------------------------------------------
退職者相次いだ練馬の保育園 今年度は7人退職
区が改善要請

 民間に業務委託した後に、計8人の保育士が退職するなどした練馬区立光が丘第八保育園で、今年度に入ってからも7人の保育士が退職し、区が改善要請していたことが14日わかった。た
 区によると、約30人の常勤保育士のうち、昨年4月から11月にかけて、7人が退職。このうち3人は介護など家庭の事情だったが、4人は「体調不良」を理由にしたという。これを受けて、区は昨年12月、運営を委託している育児用品メーカー「ピジョン」に対し、「運営に支障がない」ことなどを求める改善要請を文書で行ったという。
 同保育園の運営については、区が2005年12月、ピジョンに委託したが、06年3月までに8人が退職するなどしたため、区が改善勧告を出していた。区とピジョンの間には、「1年間で3名超の常勤保育士が異動した場合は、改善勧告する」という取り決めがあるが、区保育課は「運営が良くなりつつある」として、今回は要請にとどめたという。
 ピジョンIR広報室は、「保育士の退職後は、きちんと補充している。運営に支障がないよう取り組んでいるが、退職者が出たのは残念」としている。

2007年2月15日付読売新聞朝刊(都内版)
--------------------------------------------------------------

光八の平成18年度契約仕様書第19条2項には、以下の文言がが盛り込まれています。
乙(※ピジョン)は、職員の配置に当たっては、在籍園児との関係を重視して、原則として年度途中での交代は行わないこと、また雇用の継続性を最大限考慮すること。ただし、年度内で常勤保育士の異動があった場合は、ただちに保護者へ報告する。さらに、年度内で3名を超える常勤保育士の異動があった場合は、甲(※練馬区)は乙に対して改善勧告を行うとともに運営委員会または協議会に諮るものとする。


この規定によると、常勤保育士の異動が年度内で3名を超えた場合、練馬区は自動的に改善勧告を出さねばいけないことになっていて、「改善勧告できる」といった練馬区の裁量を許す表現にはなっていません。

「こんな杓子定規な規定でいいのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ですが、この規定は「在園児との関係を重視」し「雇用の継続性を最大限考慮する」ことに主眼があります。その趣旨に照らしてみても、4~11月の8ヶ月間に7名(月に1名弱)の退職者を出すことが、規定に反することは明らかです。単純に数字の問題ではありません。

また昨年3月17日付で出された改善勧告では、改善項目の第1項にこう記されています。

多数の退職者を出すに至った原因を究明し、これ以上同じ原因による退職者を出さないこと。


一週間後にピジョンから出された改善策は、練馬区からも「原因の分析が現象面にとどまっている。対応策も甘い」と酷評されるもので、その後練馬区から指導を受けたりしながら、改善策がまとまったのが5月になってからだったと思います。

その改善策を実行していたはずです。しかも元区立保育園園長(練馬のビッグ3とも呼ばれるカリスマ園長だったそうです)を練馬区から斡旋されるという超法規的?措置で支援を受けていたはずです。それでも歯が抜け落ちるように、保育士たちが辞めていきました。昨年と同じ「体調不良」などの理由で。。。この記事は、ピジョンが改善勧告第1項に違反している事実も暴露しています。

練馬区が「運営が良くなりつつある」として、「勧告」ではなく「要請」にとどめた理由がわかりません。

年度代わりは、保育士にとって年に1度の転職の好機なんだそうです。これから3月末にかけて、退職者がさらに増えるのではないかと心配です。昨年のように。。。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/38-dbb7eb9f

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。