練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当選したものは仕方がない

22日の練馬区長選で、現職が再選しました。

争点のひとつとして報道が取り上げていたのは、東京外郭環状道路(外環道)の青梅街道インターチェンジ(仮称)建設の是非でしたが、本当は区立保育園の民間委託だって重要な争点でなければならなかったはずです。

でも実際の選挙戦を見ていると、これらが本当に争点になったのかどうかも疑わしく思いました。こういう個別の論点というのは選挙の争点にはなりづらいし、有権者に広く浸透するのが難しいのでしょう。

次点候補は、過去40年間、区OBの区長が当選している事実を指摘し、「区長を変えよう!」と訴えていましたが、なぜ区長を代える必要があるのかを説得力をもって訴えるには至らなかった感があります。
また共産推薦候補は、なぜか次点候補の攻撃に一生懸命でした。

現職が「行政改革」と称してゴリ押ししてきたことの不条理と、真の行政改革のプランがセットで提示されていれば、結果は違っていたかもしれません。
現職が91億円の経費を節減したと強調していましたが、その中には、子どもたちから無理矢理むしり取ったなけなしの予算が含まれています。
現職は、節減した予算で新たな事業を始めることができたと訴えていましたが、その多くは第三子出産祝い金などのバラマキ政策だったり、ふるさと文化館(仮称)や外環青梅インターのような箱物や土建行政だったりする訳です。
対立候補が、このような誤った行革の正体を暴露し、「これが真の行革なんだ!」と強く訴えるところまでは至らなかったのが残念です。

対立候補が明確な争点を打ち出せないでいるうちに、漁夫の利を得た現職がちゃっかり当選したというのが、今回の区長選だったのではないか。そういう印象を、あくまで一有権者として感じました。

そうは言っても、当選してしまったものは仕方がありません。

練馬区では現在、光が丘第八保育園を含む委託3園の検証作業を進めていますが、その結果と同時に、次の委託化計画が発表される公算が大きくなりました。
また、仮にわれわれが裁判で勝ったとしても、被告は確実に控訴してくるでしょう。

厳しい闘いが続きそうですが、今後も頑張っていきたいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/67-ab47ad3e

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。