練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ??

保育園問題とは直接関係はありませんが、志村区長と練馬の行政を象徴する出来事をひとつ、ご紹介したいと思います。

明日22日午後1時から、臨時区議会が召集されます。テーマは、関越道側道にある車止め強制撤去問題です。通過交通を排し、近隣住民の生活環境と安全を確保しようと、1970年代から設置してある車止めを、今になって、練馬区は撤去しようとしています。それも議会の承認を得ないまま、区が独断で強行しようとしているらしいのです。笠本のわかる範囲で簡単に経緯を追うと・・・

1970年台初頭
この側道を通過交通のない生活道路にするという基本方針を、当時の土木部長が議会に報告。
2007年1月23日
区議会の環境まちづくり委員会で、現在の土木部長が、地域全体の意見交換の場を設けるなど、理解を得られるよう努力していく趣旨のことを答弁。
2月19日
同委員会で、同様の趣旨の答弁。
5月11日
土木部長名で、「5月23日に車止めを撤去する」という趣旨の「お知らせ」が、関係議員に届く。
5月18日
区議20名の連名で、臨時議会の召集を区長に請求。区長はこれを受け、明日22日に議会を開くことを決定。

※詳しくは、池尻成二区議のブログに記事があります。

撤去の是非について言いたいことはあるのですが、ここではグッとこらえて、手続き面にのみ着目して問題点を指摘したいと思います。

(1)嘘つき
今年1~2月の時点で土木部長が、住民と話し合いを進める姿勢を示していたことから、議会は事態の推移を見守ろうと、関連陳情を継続審議としていました。ところが事実として、そのような話合いの場は一度も開かれないまま、撤去だけが決定されました。
※5月8日に「全体懇談会」なるものを開いたという事実はあるようです。ですがこれ、町会役員など一部住民のみに案内を出し、車止め撤去に懸念を表明していた地元住民たちや小学校PTAなどは、全く蚊帳の外だったとか。それで練馬区は「住民の理解は得られた」と主張しているようです。

(2)タイミング
現在の区議の任期は、5月末までです。車止め問題に限らず、区政の問題は、6月からの新議会で審議されるのが、民主主義の趣旨に適うと思うのですが、現議会閉会中のこの時期を狙って、撤去を強行しようとしています。新しい区民の代表が登壇する頃には、既成事実だけが残ってしまうことになります。

(3)議会への姿勢
異例中の異例と言える任期切れ直前での臨時議会召集請求に対し、志村区長が決定した招集日は、撤去日前日の22日でした。これが何を意味するのかは、論を待たないでしょう。「ホラ、議会は開いたでしょ」とばかりに、23日の撤去予定を強行するぞという意思表示です。議会はダシに使われる訳です。


そりゃあ僕だって、今の議会に良心的な議員さんは少数派だとは思ってます。思ってますけど、仮にも区民の付託を受けて構成される議会を、ここまでコケにしていいのか。車止め撤去の是非とは別に、重大な問題です。

それにしても、今年1~2月時点と5月とで、練馬区の態度の豹変振りは、一体何なのでしょうか。この間にあった大きな出来事といえば・・・そう、選挙です。

もともと、自分の主義主張に反する声は話し合わずにゴリ押しするというのが志村流です。彼は、これを強力なリーダーシップだと本気で信じているようです。

こんな区長が先の選挙で再選されてしまったものだから、そのゴリ押し手法に拍車がかかってきたものと考えられます。

外環インター建設問題にしろ、僕らが取り組む保育園の委託化問題にしろ、いずれ同じようなやり方で仕掛けてくるのではないか。。。

車止め強制撤去問題は、練馬区が新たな暴走を始めるプロローグなのかもしれません。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/72-3bf503c9

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。