練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明会

今日30日、練馬地区と光が丘地区で開かれた説明会に、それぞれ参加してきました。新しい話を含め、以下3点をご報告します。

(1)委託16園の地区別内訳

練馬地区;3園
石神井地区;4園
大泉地区;1園
光が丘地区;8園

※練馬区は、地区を郵便番号で区分けしているようです。

(2)再選定の可能性に言及

適正かつ良好な運営ができる事業者の選定ができなければ、再選定、スケジュールの延期もありうることを表明しました。

(3)「保育水準は維持する」との言及を避ける

笠本が練馬地区での説明会で「現在の保育水準は委託後も維持するのか?」と質問しました。返答は、「維持する」でもないし「確約できない」でもなく、うやむやにされました。すでに委託された3園のときは、「保育水準は維持する」「保育の質は下げない」と、何度も何度も明確に約束してきました。特に光八の協議会では、それが強調されることが多かったのですが、結局守れませんでした。そういう経験から、言質を取られたくないのだろうと思います。もっと言うと、保育水準が下がる可能性を、練馬区は認識している訳です。


練馬地区の説明会には、委託の激動を経験した保護者が参加していて、「保育の質を守るために保護者や事業者がどれだけ大変な思いをしたか・・・」と、言葉を詰まらせながら、嗚咽まじりに語っていました。

光八や向山、つつじの時から練馬区の担当者がほぼ入れ替わり、総じて説明がわかりにくくなったという印象を受けます。聞き取りづらい声でモゴモゴと、うやむやなことを言うからだと思うのですが、参加していたある区議は「(区が自ら策定した計画に)自信がないんだろうな」と感想を漏らしていました。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okkaketai.blog75.fc2.com/tb.php/86-1ffffa3b

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。