練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊

練馬区立光が丘第八保育園の委託化をめぐって提起された、住民訴訟の記録です。練馬区のやり方は、理不尽にもほどがある!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回弁論のご報告

遅くなりましたが、第1回弁論のご報告です。

控訴人(原告)側が申請した複数の証人のうち、1名だけ、保育園の委託に伴う財政効果に関する専門家の意見書を待って結論を出すことになりました。

練馬区長の側は、口頭で「手続きにおいて適正であるので、多少の混乱は結果論」といった主張しました。

保護者との合意を一方的に破棄したり、「該当なし」を覆して無理やりピジョンを選んだ手続きが、果たして適正なのか。。。

あの混乱は、「結果論」で片付けられるほど「多少の」ものだったのか。。。

と、まあ言いたいことはありますが、それはさておき、とにかく第2回弁論の期日が決まりました。

7月23日(木)午後1時半~
東京高裁808法廷

です。予定を空けておいてください。

明日は練馬裁判控訴審第一回弁論です。

練馬保育園裁判の控訴審第一回弁論が、いよいよ明日開かれます。お時間の許す方はぜひぜひ傍聴にお越しください!

4月23日 午後2時~
東京高裁808号法廷

緊急カンパにご協力お願いします!

僕たちの裁判を支えてくれている「みかん組」からの、緊急アピールです。
※みかん組ニュース第7号(2009.2.27.)より一部修正したうえで転載


子どもと親の願いに背を向けて  東京地裁で不当判決!!

練馬・保育園民営化裁判――東京高裁控訴審
緊急カンパにご協力を !!

練馬区は区立保育園20園を民間委託化する計画をすすめていますが、1号園として大手乳児用品メーカー ピジョン(株)に委託された光が丘第八保育園の、 事業者選定の過程や委託後の運営があま りにもひどく、 子ども・保護者・保育者に大変な被害を与えたとして2006年6月に裁判が起こされました。

昨年(08年)12月19日、東京地裁で一審判決が言い渡されましたが、 「光八保護者との合意に反したり、 保育の質の低下などはあったものの、 それはすべて区長の裁量権の 範囲内で違法性はない」という極めて不当な内容でした。

そこで原告・弁護団は12月末に東京高裁に控訴しました。

控訴審では、弁護団を増強したり、会計学や保育の専門家を中心にあらたに証人申請を行う方向で準備を進めております。その為の資金を準備し、悔いのない反撃の態勢を準備していきたいと考えております。

マスコミでも保育園の民営化は現場に混乱を持ち込むものと報道(2月6日朝日新聞)されています。

地裁段階でも保護者や一般区民などで構成される裁判を支える会(みかん組)として多くの皆さまからカンパをいただきましたが、引き続き、 またなおいっそうのご協力をいただければ幸甚に存じます。

◇ カンパの連絡・振込先
▼ 裁判カンパ 一口  1000円
▼ 裁判特別(団体)カンパ 一口  10,000円
郵便振込:00150-9-335751
加入者名(みかん組)



★ 練馬・保育園民営化裁判を支える会(みかん組)にもどうぞ入会してください。年会費: 2000円(みかん組ニュースをお送りします)

連絡先はコチラ↓
nerimasaiban@gmail.com

控訴審第一回は、4月23日(木)午後2時、東京高裁808法廷です。

いよいよ控訴審

昨年12月19日のありえない判決から4ヶ月。東京高裁で控訴審が始まります。

東京高裁といえば、板橋の控訴審を弁論1回だけで終わらせたり、横浜の控訴審で信じられない内容の原告逆転敗訴の判決を出したところです。練馬の裁判も楽観は許されませんが、今まで以上にがんばります。

ぜひぜひ傍聴にお越しください!

4月23日 午後2時~
東京高裁808号法廷

続々と寄せらる激励

各方面から寄せられた激励のメッセージを、一部だけご紹介します(見出しは笠本)。

怒りと勇気に敬意
これほど理を尽くして訴えても、司法の方々には伝わらないのですかね。アウグスティヌス(354年~430年、神学者・哲学者)の言葉にこういうのがあります。「希望には、二人の娘がいる。一人は怒りであり、もう一人は勇気である」。みなさんの人間としての譲れない怒りと子どもを大切にする勇気に敬意を表します。みなさんによろしくお伝えください。(研究者)

保育行政の大きな躓きと背信
辛い一審判決でした。しかし、ただただピジョンへの委託を押し通し正当化するために、練馬区が約束したことを反故(ほご)にし、決めたことを守らず、委託の破綻を取り繕ってばかりいたことを、私たちはよく知っています。深刻に保育水準が低下したという点でも、選定手続きを力技でひっくり返した点でも、光八の委託は、間違いなく練馬の保育行政の大きな躓きであり、区民・区議会に対する背信でした。法と司法がこの事実を裁けないとは思いたくありません。高裁の成り行きを、深く注視しています。(区議会議員)

この問題はすべてにつながる
地裁の判決は耳を疑うような内容でした。保育の質が下がっても、保護者との約束を反故にしても、専門家が適切な事業者がいないと判断したにも関わらず事業者選定を強引に行っても、すべてが「区長の裁量」という裁判所の判断は、絶対に区民が納得できるものではありません。この裁判のゆくえは、保育園の委託化問題のみならず、すべての問題につながる可能性があります。真の「住民主権」の実現を願い、控訴審を見守っていきます。(区議会議員)

住民自治の実現にまで発展する問題
2007年に私が議員になって最初に出会ったのが、保育園の問題でした。詳しく事情を聞くほどに、保護者や子どもはもちろん保育士にとっても、民間委託はリスクの大きいものだと感じます。子どもや保護者が毎日を安心して暮らせない状況を生み出すことまで、区長の裁量権とは思えません。区民と行政の関係って一体なんだろう・・・住民主体のまちづくり、住民自治を本当に実現できるのか、という課題にまで発展する、重要な問題だと思っています。(区議会議員)

判決には怒りしか覚えない
裁判の内容を、記録集を読むまでは詳しくは知らなかったのですが、練馬の保育行政にもの申したことは、とても意義のあることで、今までのエネルギーは、判決を聞いたら、怒りしか覚えません。今後もいっしょに行政に対して行動していきましょう。(区立保育園保護者)

※みかん組ニュース第7号(2009.2.27.)より

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

笠本

Author:笠本
原告の一人でした。裁判の結果は僕たちが望むものではありませんでしたが、一方で、信じられないくらいたくさんのご支援・ご声援をいただきました。本当にありがとうございました。僕たちの足跡が、今後同様の問題に悩む保護者のみなさんに、少しでもお役に立てればと思い、このブログを記録として残します。

ぜひ読んでください!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。